大隅株式会社 総合カタログ VOL.13
102/232

●特長・鉄骨柱に親綱用フック等仮設金物を溶接しなくても、ガードロープなら取付ピースの心配がなく、仕上げ時の溶接 およびそのあとの処理が不要。・取付の際マグネット付なので簡単に取付けが出来る。・コンクリート打設後の柱にも親綱が容易に張れる。・外部養生ネットの取付ピースとして使用出来る。・現場にてピース手配がいらないので経済的である。●使用上の注意・角柱、H柱等鋭利なコーナーの場合は、必ずスリープリングで保護して下さい。・120℃以下の条件でご使用下さい。・親綱の設置は「親綱支柱の構造等に関する技術基準」に従って安全に取付けて下さい。・溶接時は必ず、はずすか保護して下さい。(ベルトがやける為)■使用例■部品構成表品 名品 番使用柱ガードロープ角柱300□〜850□300φ〜1000φ300□〜850□丸柱H鋼ガードロープサイズ重量(㎏)1.4No.422686ガードロープ鉄骨足場

元のページ  ../index.html#102

このブックを見る