大隅株式会社 総合カタログ VOL.13
152/232

BCD●直圧荷重試験(平押)●許容荷重は196KNですが、 此の場合下記の事項を守って 下さい。 (1) 支柱特にジャッキの偏心荷重、 水平荷重がかからないよ うにする。 (2) 振止めはジョイント毎に直角2方向にとり固定する事。  (3) 基盤の耐力は196KN以上で、かつ不等沈下が起こらな  いようにすること。●ジャッキの昇降の際は、摺動部は油をきらさないように 注意して下さい。●支柱に偏心荷重や水平力がかかる恐れのある場合、或いは 支柱に変形や破損がある場合には、支柱を増加する等、特 別の処置をとって下さい。●つなぎのボルトは充分締めつけて下さい。  ※ボルトは、 販売品です。試験体A 分類降伏点(KN)破壊荷重(KN)441.0574.28421.4560.56401.8552.72382.2503.72荷重 196KN 時の縮み量(㎜)1.231.371.502.53136四角支柱支保工

元のページ  ../index.html#152

このブックを見る