大隅株式会社 総合カタログ VOL.13
30/232

足場の脚部・仮設計画図に基づき、敷板(敷盤)の上に ジャッキベースを所定の位置に設置する。  注)足場の脚部は不等沈下しない堅固なものの上に設ける。支柱/根がらみの取付・1段目の支柱JFT-27(2700mm)の支柱をジャッキベースに差し込みます。・設置場所に傾斜が有る場合は支柱 JFT-2.25(225mm)JFT-4.5(450mm)などで高さを調整します。・支柱が倒れないよう支えながら、最下段のポケットに布材をセットします。 ※布材をセットするときには、クサビが上に上がり、ロックピンが奥に  あることを確認してください。  クサビが下がり、ロックピンが出ていると  布材が浮き正確にポケットにセットできません。レベル出しと固定・レベル器等を使用し、ジャッキベースの調整により水平を出します。・水平設定後、ハンマーにてクサビを打ち込み、固定します。・クサビを打ち込むと、ポケットの穴にロックピンが出ます。・ロックピンが出るまで打ち込んでください。布材(ころばし)の取り付け・上部床用に足場の幅方向に布材(ころばし)を取り付けます。 取り付け位置は下から5段目のポケットです。 ※布材をセットするときには、クサビが上に上がり、ロックピンが奥に  あることを確認してください。・セット後、クサビをハンマーで打ち込みます。・ポケットの穴からロックピンが出ていることを確認します。先行手摺の取付・足場の前踏み/後踏み側に3段目のポケットより先行手摺を取り付ける。・2段目の後踏み側に先行手摺を取り付ける。・支柱(JFT-27)の最上部のポケットに先行手すり (JFX-183N)を取り付けます。・上金具の片側をポケットに預けます。・反対側の上金具を持ち上げポケットに差し込みます。・反対側を持ち上げると先に預けた金具がポケットに自然に入ります。141)2)3)4)5)ファステック次世代足場

元のページ  ../index.html#30

このブックを見る