大隅株式会社 総合カタログ VOL.13
86/232

その他   ・梁枠を用いて開口部を設ける場合は、 開口部の大きさは幅3スパン以下、高さ3層以下とする。  ・梁枠を支持する支柱から外方に1スパン以上設け、 且つ両端のスパンは梁枠のレベルまで各層に筋交を設ける。  ・メッシュシート及び防護棚を設ける場合は、 風荷重等を計算し、 その結果に基づいて足場の補強を施す。  ・朝顔及び朝顔を支持する斜材の取付は、 腕木材を取付けた位置の支柱とする。1層目の手摺(2段)を取付ける。階段手摺(2段)を取付ける。セフティガードを取り付ける。幅木取付を行う。2層目の腕木材を取付ける。先行手摺(セーフハンガー)を設置する。作業床(緊結部付床付布枠)を取付けます。昇降階段を取付ける。階段手摺(2段)を取付ける。セフティーガードを取付ける。2層目の手摺(2段)を取付ける。幅木取付を行う。壁つなぎを取付ける。3層目以後は順次同じ要領にて組立を行います。注)床材間の隙間は3cm以下とする。  つかみ金具は確実にロックする。  作業床は垂直方向2m以下とする。注)つかみ金具は確実にロックする。注)つかみ金具は確実にロックする。注)垂直方向5.0m以下、水平方向5.5m以下の間隔で設ける。8)9)10)11)12)70フュージョン一側足場

元のページ  ../index.html#86

このブックを見る